シンビオティックパートナーシップ

当時、羊毛は羊毛でした。

生産者は、誰のために、何のためにあるのかわからないまま、繊維を収穫しました。ブランドは繊維を購入しましたが、誰が、どのように生産されたかはわかりませんでした。顧客は、動物がどのように扱われたかを知らずに、品質に一貫性がなく、繊維を使用していました。

 

ZQが結成されました 差別化と革新を図ります。詳しくはこちらをご覧ください。

ナチュラルフィット

ZQ原料は牧場から最終マーケットまでの流れが透明化されています。最終消費者は原料生産者が誰かを遡って知ることが出来ます。他の繊維では代替できないウールの価値は生産者と最終ユーザーが互いに結びつき共存することで持続可能となります。

戦略的成長

ザ・ニュージーランドメリノ・カンパニーはウールを主要原料とするビジネスをいかに差別化するかを探求し続けています。

STUDIO ZQ

「スタジオZQ」(ザ・ニュージーランドメリノ・カンパニー、クライストチャーチ本部)